【夢占い】飛行機が墜落する夢を見る意味とは?


DSC00307



今回の夢占いは飛行機が墜落する夢についてです。

突然大きな飛行機が急降下してきて、やがて恐ろしい墜落事故が起こると分かります。けれど、飛行機は地面すれすれのところで水平飛行になり、木々や建物の間を低空飛行していきます。飛行機は胴体着陸を試み、機体がバラバラになるかもしれませんが、あなたはその破片の中から乗客が無事に出てくるのを見て驚いています。

この一部始終を地上で見ていることもありますし、あなた自身が飛行機に乗っていることもあります。もし乗っていたなら、機体が無事着陸できるように操縦しようとしたかもしれません。



スポンサーリンク





このような夢の意味とは?

飛行機が墜落する夢を見たら、現実の生活で自分がかかわっている計画またはプロジェクトに不安を感じていることを示します。



空と飛行機

空はあなたの思考空間を象徴し、飛行機は計画を成功へと導く方法を表します。飛行機が大型であればあるほど、その計画はとても野心的であるということです。ですので、飛行機の夢は大抵多くの人がかかわっている大きなプロジェクトを表します。

プロジェクトは綿密に計画されていて理論上は問題ないように見えますが、あなたは自信を失いつつあり、その計画が今にも地に落ちるのではないかと心配しています。しかし、プロジェクトが失敗するように思えた矢先、ギリギリのところで何とか持続できるでしょう。



飛行機が建物や木々の間をかすめている

これは、このプロジェクトにかかわる人たちがこの計画に着手するのが難しく、あらゆる障害に対処しなければならないことを示しています。



スポンサーリンク





飛行機が墜落した場合

飛行機が墜落してバラバラになってしまったら、それは大きなプロジェクトが終結し、もっと処理しやすい大きさに分割されることを意味します。

もし残骸から無事に生き残った乗客がいれば、プロジェクトにかかわる人たちが他のチャンスへ自由に移れることを示しています。



もしあなたが飛行機に乗っていたら

プロジェクトを外から見ているのではなく、積極的にかかわっていることを示します。



飛行機を操縦しようとしているなら

あなたにはそのプロジェクトを成功に導く能力があるということを示します。



この夢の伝えるメッセージとは?

あなたが今かかわっているプロジェクトや計画の“方向性をよく考えて”ということを伝えています。

多くの人がプロジェクトをどうスタートさせるかを心配しますが、現実のパイロットによれば離陸はやさしい部分で、難しいのは着地なのだそうです。プロジェクトを無事に着地させ、それにかかわる全員の安全と安心を保障することが大事です。

プロジェクトは思いつきやイメージなどではなく、できるだけ細部にわたって計画してください。予想外のトラブルに備えて緊急対策を立てておくとよいでしょう。



スポンサーリンク




yume

yume

yume

yume

yume

yume





コメントを残す

このページの先頭へ