【夢占い】子供の頃に住んでいた家の夢を見る意味とは?


house



子供の頃に住んでいた家“の夢を見たことはありますか?

その夢の意味することは一体何なのでしょうか。
そして、あなたがこれからとるべき行動について見ていきましょう。



スポンサーリンク





子供の頃に住んでいた家の夢

あなたは、ずっと昔の子供の頃に住んでいた家を訪れています。その家は、何年も前に家を出た時と全く同じで、自分がその家に置いてきてしまった物を探しています。

古ぼけた食器棚や洋服ダンスの中を一所懸命に探しています。あなたが探している物が何であれ、大抵は自分が昔使っていたベッドの下で見つかり、とても喜びます。あるいは自宅の庭先で、子供の頃の友達とお気に入りだったおもちゃで遊んでいることもあります。



このような夢の意味とは?

子供の頃の家を訪ねる夢を見たら、あなたは幼い頃の経験をよく思い出しています。



夢の中で「家」はあなた自身を表します。そこを訪ねたのは、アイデンティティ形成期に影響を与えたものについて考えていることを示しています。

あなたは、たくさんの経験を元に人生を築き上げてきましたが、十分に発達させるチャンスのなかった個人的特質が存在するのです。これらはそのまま残っているため、昔の家はあなたが出てきた時と変わらないように見えます。この個人的特質は未だ未開発の状態で、あなたが完全に表現してくれるのを待ち望んでいるのです。子供の頃の家を探しながら、あなたはこれらの特質を再発見し、再び繋がりを取り戻そうとしています。



スポンサーリンク





家具
あなたの習慣や経験を表しています。



食器棚や洋服ダンス
このような家具には、子供の頃の思い出がいっぱい詰まっていますね。あなたはこれらの思い出をきちんと片付けて、見えない場所へとしまい込みましたが、今それを再び光の中に持ち出したいと思っています。



ベッド
ベッドは、あなたが一番くつろぎ自分自身でいられる快適な場所の象徴です。ですから、その下で何かを見つけたというのは、本当の自分の重要な部分を再発見したということです。



庭で友達とおもちゃで遊んでいる
これは、あなたが新たに見つけた潜在的能力を楽しんでいるということを表しています。



あなたがとるべき行動とは?

こういった夢は、アイデンティティの未開拓部分を探し出し、その本当の可能性を開花させるように促しています。今あなたには、それをする時間も資産もあります。当時の幼いときにはこの才能を表現する技量も勇気もありませんでした。

大人になってからもこのクリエイティブな才能を無視し続けることはできますが、それはあなたという人間の本質的な部分なのです。それを開花させることができれば、子供の頃抱いていた夢の一つを実現することになるでしょう。


【同カテゴリの記事】▶夢の中に子供が出てくるのは幸せが訪れる暗示


スポンサーリンク




yume

yume

yume

yume

yume

yume





コメントを残す

このページの先頭へ