【夢占い】昔の友人に会う夢の意味・自分の性質への気づき


DSC_8033 copy



あなたは旧友に会う夢を見たことはありますか?

その夢の意味することとは一体何なのでしょうか。
そして、あなたが今後とるべき行動について見ていきましょう。



スポンサーリンク





昔の友人に会う夢

あなたはずっと会っていない旧友に偶然再開してとても喜んでいます。当時はかなり親しかったのですが、なぜかやがて疎遠になっていました。

気を許せる友人との時間はいつもくつろげます。その友人はとても頼れる人で、何か困ったことがあったらいつも助けてくれました。お互いに何かあったら助け合い、いつもそばにいてくれる存在です。



このような夢の意味とは?

夢の中で昔の友人が出てきたら、あなたはすっかり忘れていた自分の性質に再び気づくようになっています。自分が持っている性質の象徴として友人を夢に現しているのです。旧友が現れたのは、現在の問題を解決するにはこの性質を再認識する必要性があるということです。

あなたが衝動的な性格で友人が穏やかなら、もっと落ち着くべきだと伝えています。反対に、あなたが穏やかで友人が創造性とやる気に満ちているなら、“チャンスを掴むために自分を励ましなさい”ということを示唆しています。



スポンサーリンク





友人が不安定な状況から抜け出せるよう助けてくれているなら

現実の生活に何らかの緊張感があり、それは友人が持つある性質を発揮すれば解決されることを示しています。



友人があなたを無視しているなら

あなたは自分自身のその友人と同じ性質を無視しているということです。

あなたは友人の能力を尊敬していますが、当時はそのことを伝えるチャンスがありませんでした。それを今さら表現するなんておかしなことだと思えるかもしれませんが、それはあなたが無視し続けてきた自分の中の一部分なのです。この性質を深く探求することで、より自分の能力を理解することができるでしょう。



あなたがとるべき行動とは?

この夢が伝えるメッセージは、忘れていた自分の才能や性質を再認識するようにということです。今の状況は、あなたが才能を表現する絶好のチャンスです。

みんなの前で自分の能力を示すことに躊躇し、他人に代わって欲しいと思っているかもしれませんが、自分のポテンシャルに気づけばあなたははるかに深いレベルで自分自身と結び着くことが出きます。始めは少し落ち着かないかもしれませんが、すぐに忘れていた部分の真の価値が分かってくるでしょう。


私たちは友人を直感で選んでいます。彼らに惹かれるのは、リスペクトできる才能や性質があるからですね。人生を歩む中で、もしその友人が離れていっても共に分かち合ったものの重要性はずっと残ります。友人はあなたが信頼する人であり、その信頼ゆえに自分の傷つきやすい部分を見せることができる人です。


【同カテゴリの記事】▶昔の恋人と愛し合っている夢を見る意味とは?


スポンサーリンク




yume

yume

yume

yume

yume

yume





コメントを残す

このページの先頭へ