【夢占い】家が崩れる夢を見る意味・自分の才能を無視している?


file000843718870



あなたは家が崩れる夢を見たことはありますか?

その夢の意味することとは一体何なのでしょうか。
そして、あなたが今後とるべき行動について見ていきましょう。



スポンサーリンク





荒れ果てたわが家の夢

あなたが家に帰ってくると、家の壁がボロボロと崩れかけ、荒れ果てた状態になっていて大変ショックを受けてしまいます。まさか自分の家がこんなことになるなんて予想もしませんでした。

あなたは崩れかけた家をこのままにはできず、なんとか修復しようと試みます。ですが、自分には家を直す技術もなければ資材もありません。屋根には穴が開き、窓は壊れ、壁紙ははがれ、床は今にも抜け落ちそうで、あまりにもひどい状態です。

あなたは呆然と壊れかけの家の前に立ち、その状態はもう崩壊寸前だと悟ります。その状況とは裏腹に、近くには新しくしっかりとした家が建っているのが見えます。



この夢の意味とは?

これは現実の生活の中で、あなたが自分のある才能を無視しているということを示しています。



スポンサーリンク





「家」というのは自分自身を象徴し、よく安全や幸福の度合いと関連づけたりします。家が頑丈でしっかりしているのは、あなたが自分を信頼し、安心していることを表しています。

荒れ果てた我が家を見て驚いたのは、あなたが自分の事にまったく注意を払っていなかったということですね。壁が崩れかけているのは、あなたが少し弱っていて、自分の信念のために行動できないことを示しています。



ぐらぐらと今にも抜け落ちそうな床は、自分の立ち位置がわからず、次へ進むステップに自信が持てずにいることを示します。



これは、ある問題に対してのあなたの見方を表します。壊れた窓は、実際に今起きている事態をちゃんと把握するには、もっと多くの情報が必要であるということを示します。



屋根

自分の思考能力をどれくらい信頼しているかを表しています。あなたは自分の知識にギャップがあることを心配しているのかもしれません。



崩壊した壁は、自分と他人の欲求の間に明確な境界線を引く必要があるということを意味します。家の中の部屋が荒れ果てているのは、自分よりも他人の面倒を見ている時間の方が長いことを示します。



近くのしっかりとした新しい家

あなたが、立場や位置をほんの少し変えさえすれば手に入れられる「安全」や「完璧さ」というものを表しています。



あなたがとるべき行動とは?

このような夢は、あなたが自分のユニークかつ秀でた才能を無視していることに目を向けるように促しています。

自分の才能を無視するのは簡単ですが、自分の欲求にあまり注意を払わないと、どんどん体は弱っていってしまいます。そうなると他人の欲求の面倒を見ることすらできなくなります。

すべての人の欲求に応じる最もいい方法は、彼らとの間にはっきりとした境界線を引くことです。このラインがしっかり保てていれば、あなたはもっと安全を感じることができるでしょう。



スポンサーリンク




yume

yume

yume

yume

yume

yume





コメントを残す

このページの先頭へ