逆夢とは



逆夢は、夢の中で起きたことと逆のことが現実ので起こるというものです。

たとえば、あなたが好きな人に告白してフラれる夢を見たとします。この夢を見たら現実ではほぼOKをもらえます。恋の成否などは典型で、どんなに上手くいく可能性が高くても、ほんの一握りの不安はやはり拭い去れないものですね。

こういった事例のように、可能性の高いことでなおかつ不安が大きい場合ほど、人は逆夢を見ると言われています。

それとは逆に、告白する相手とはほとんど話したことがないのに告白に成功する夢を見ることがあります。この事例では、自分が内心では「絶対に無理だ」と分かっていて、そのつらく悲しい気持ちを慰めるために、夢では告白に成功することになるわけです。この場合もまず正夢になることはありませんね。

結果として、「普段から物凄く不安を感じている事で悪い結果が出た夢」と「普段から期待していることに対して良い結果を得た夢」、この二つは逆夢になりやすいと言えるでしょう。


スポンサーリンク

yume

yume

yume

yume

yume

yume




スポンサーリンク




サブコンテンツ

AMAZONおすすめ商品

楽天おすすめ商品

このページの先頭へ