【夢占い】動けない夢を見る意味とは?


shadow



あなたは何者かに抑えられて動けないという夢を見たことはありますか?

これはどういった意味があるのでしょうか。
そして、あなたがこれからとるべき行動について見ていきましょう。



スポンサーリンク





全く動けない夢

不吉な何者かに脅かされて、全く動くことが出来ません。どんなにもがき、身をよじろうとしてもその場から一歩たりとも動けないのです。まるで、ものすごい重さのものに胸を圧迫され呼吸ができないかのような感覚です。

全身をくるまれ、締め付けられているような感じかもしれません。あるいは、雪や氷の中で凍えて動けないという場合もあります。



このような夢の意味とは?

動けない夢はとても生々しく迫ってくるものなので、とても恐ろしい経験に感じるでしょう。

姿勢を全く変えられないのは生理的な保護機能によるもので、夢を見ている最中はあまり体を動かさないように大脳が手足や体の細胞への信号を遮断しているのです。これが体が麻痺したような感覚を生み出し、人や重りに押さえつけられている感じがします。

この生理的機能の性質から、夢を見ている時、麻痺した感覚が必ず起こるといえます。夢から突然覚めると、夢のイメージがまだ頭に残っているので麻痺しているように感じるかもしれません。これがもとで、様々な幻影を作り出すことがあります。
黒い影に覆いかぶされている“とか”胸の上に人のようなものが乗っている
というようなものです。


呼吸が出来ない感覚は、胸の筋肉の収縮によって引き起こされます。あなたが不安になればなるほど筋肉が緊張し状況はますます酷くなるでしょう。

このような睡眠中の麻痺は、現実の世界でストレスのある状況にいて、十分な体の休息を取れていないときに起こります。精神的には元気でも体が疲弊しているのでこのような経験が誘発されるのです。



あなたがとるべき行動とは?

もし目覚めて後、どんなに頑張っても動けないときは慌てず、まずはリラックスすることが一番です。リラックスすることで体は自分のペースで目覚めていき恐怖の感覚がなくなっていくでしょう。



最善策

睡眠中の麻痺を防ぐ方法は、できるだけ質の良い眠りにつくということです。寝る前にできる限りリラックスして、アルコールやたばこをなど不要なストレスを避けることが大事です。



スポンサーリンク




yume

yume

yume

yume

yume

yume





コメントを残す

このページの先頭へ