【夢占い】電話番号を間違える夢の意味とは?


file3981249313698



あなたは電話番号を間違える夢を見たことはありますか?

さて、その夢の示す意味とは一体何なのでしょうか。そして、あなたが今後とるべき行動について見ていきましょう。



スポンサーリンク





電話番号を間違える夢

あなたは夢で電話をかけようとしていますが、なぜか番号を間違えてしまいます。いつもかけている番号なのに、何度やってもイライラして間違った番号を押してしまいます。緊急の用事ですぐに連絡を取らなくてはいけないのにです。そして、なんとか繋がったと思ったら、間違った番号を押してしまっているため、まったく知らない人が電話に出てきます。



このような夢の意味は?

このような電話番号をずっと間違える夢は、現実の生活の中で、コミュニケーションをとるのがすごく難しい人が存在していることを示しています。夢の中で、あなたはその人に連絡しようとしますが、いつも何かの手違いが生じ、思うように自分のメッセージが伝えられないのです。



電話

夢の中で「電話」は、言葉やメッセージを伝えるということに関係しています。この夢は、あなたが言葉以外の手段でコミュニケーションをとっていることを示しています。

あなたは、相手に望む反応をさせるにはどのボタンを押せばいいかを分かっているので、いつも決まった対応をしているのですが、夢の中ではなぜか必死にボタンを押しても反応せず、まったく伝わりません。なんとか繋がったとしても、その人はあなたには理解できないような振舞いをするのです。この反応は、現実ではその人があなたのやり方をすでに見抜いていて、もはやあなたの思い通りにはいかないことを示しています。

この夢が伝えようとしていることは、あなたが自分自身や他人とどのような関係を築いているかにもう少し目を向け、自分の行いを反省するようにと促しているのです。



あなたがとるべき行動は?

この夢の重要なポイントは、機械と違って生身の人間を扱うのは難しいということです。相手に話の意図が伝わらないのは相手のせいではなく、大抵はあなた自身のコミュニケーション能力によるところが大きいのです。

自分が放つメッセージばかりを理解させようとするのではなく、相手の言葉にもっと耳を傾けるようにしてください。彼らの話の意図に気付けるようになれば、二人の繋がりは強くなり、相手があなたの言葉に心をとめてくれる可能性が高まっていくでしょう。



スポンサーリンク




yume

yume

yume

yume

yume

yume





コメントを残す

このページの先頭へ