【夢占い】今は亡き愛する人と再会する夢を見る意味とは?


P5242164



あなたは亡き愛する人と再会する夢を見たことはありますか?

その夢の意味することとは一体何なのでしょうか。そして、あなたが今後とるべき行動について見ていきたいと思います。



スポンサーリンク




亡き愛する人と再会する夢

あなたは今は亡き愛する人と出会って驚き、喜んでいます。現実には、その人はすでに亡くなっていることは分かっているのですが、当の本人がまぎれもなくそこにいて、まだ生きているようにあなたと話しています。

愛する人というのは、あなたと強い絆で結ばれた人物で、大抵は両親や祖父母のような家族や親戚です。現れた人たちは、あなたにメッセージを伝えようとしているのかもしれません。あなたに会えて喜んでいることが多いのですが、腹を立てている場合もあります。



スポンサーリンク




このような夢の意味とは?

亡くなった家族や親戚に会う夢は、普段の生活であなたの意識が変化しつつあるということを示しています。愛する人は亡くなっていますが、彼らとの思い出や特徴によって夢の中で愛する人を再現しているのです。

彼らと出会うのは、自分の行動パターンに現れ始めたその人たちの特徴にあなたが気付き始めているということを示唆しています。

もし、あなたの父親が生前に思慮深さと威厳のある態度で愛してくれたなら、父親が夢に出てきたのは、あなたが自分の知恵や権威に心地よさを感じるようになっていることを表しています。もし、あなたの祖母が愛情深い人だったら祖母が夢に出てきたのは、愛に満ちたお世話をする能力が自分の中で少しずつ高まっていることを示します。亡くなった愛する人がメッセージを伝えようとしているなら、あなたは現実の自分に何か告げたいことがあるのです。

内容の多くは、自分がまだ気づいていない才能についてです。現実の生活の中では、愛する人と素晴らしい関係を築いていたのに、夢の中で彼らがあなたに腹を立てたり落胆しているのを目の当たりにして驚くかもしれません。でも、これは彼らがあなたに腹を立てているのではなく、自分のことを残して先に死んでしまったことに対してあなた自身が腹を立てているのです。



あなたがとるべき行動とは?

このような夢は、あなたが永遠に失ったと思っていた自分の一部分と再び繋げてくれます。

愛する人が夢の中で訪ねてきたように思えますが、実際にはあなたにとって大切だった彼らの性質と再び繋がっているのです。愛する人が与えてくれた贈り物の一つは、自分では分からない自らの性質に気付く能力です。

彼らが亡くなったことを嘆くのではなく、愛する人があなたのために明らかにしてくれたあらゆる性質を受け入れ、それを行動の中で表現していってください。



スポンサーリンク




yume

yume

yume

yume

yume

yume





コメントを残す

このページの先頭へ