【夢占い】大けがをする夢は何らかの能力が損なわれた時に見る?


file5761270336789



あなたは大けがをする夢を見たことはありますか?

はたしてその夢の意味することとは一体何なのでしょうか。
そして、あなたが今後とるべき行動について見ていきましょう。



スポンサーリンク




大けがをする夢

あなたは大けがをしているのですが、不思議と冷静にその状況を眺めています。それは手足を切断するような大けがで、傷口が大きく開いています。

足や手のような極めて大事な部分を失ったり、頭を切り落とされているかもしれません。あなたはこのゾッとするような状況にとても気分が悪くなっていますが、あなたは何もなかったかのように振る舞おうとしています。そして、重傷を負いながらも苦心していつものようにしようとしています。



このような夢の意味とは?

大けがを負う夢は、現実の生活で何らかの能力が損なわれたと感じていることを表します。何の能力が損なわれたのかを示すのに、夢の中で色々な部分の身体イメージが使われます。



スポンサーリンク




体の一部を失う

これは、人生のその部分で機能する能力が衰えたり、危うくなっていると感じています。



手足が切断されたり、内臓が飛び出している場合

あなたは他人に心を開きすぎて、自分の境界線の設定を忘れていたと感じています。その他の体のパーツについては、あなたが十分に発揮できずにいる能力を示します。



あなたを前に運び、発展させる力です。



行動を起こし、自分を主張する能力を示します。



未来をどのように創造し、コントロールするかを示します。



いかに考えているかを示し、論理や合理性の感覚を含んでいます。



心臓

あなたがいかに感じ、どのように親しい人たちと結びついているかを示しています。たとえ重要な部分を失ったとしても、あなたはそれをうまく回避し、自分のやりたいことをやり続けます。助けを求めずに自分の落胆を隠し続けるでしょう。



あなたがとるべき行動とは?

この夢は、あなたを再び重要な行動をとる能力に繋げています。最初は少し喪失感がありますが、いずれ持てる能力を最大限に活用し始めることでしょう。



スポンサーリンク




yume

yume

yume

yume

yume

yume





コメントを残す

このページの先頭へ